実力が認められる

キーを打つ少女

MOS検定の需要と新社会人の初歩的スキル

MOS検定とはマイクロソフトオフィススペシャリスト検定のことです。この試験は主にワードやエクセル、パワーポイントなどのビジネスで使用するマイクロソフトの使用レベルをテストするという内容である。MOS検定は通信講座や専用ROMで勉強される方が大半です。基本的に実務上でマイクロソフトを使えるかを試すので、ソフトの起動をしないと何もできないからです。現在では、新社会人でもワードやエクセルが使用できるという事を前提で採用いている企業がほとんどです。反対にそれらを使用できないと、よほど他のスキルが優れていない限り評価が下がる対象になるのです。ですのでそのスキル向上のためにMOS検定を受けるというわけです。そして書籍ですと内容が難しすぎるので通信講座を利用するという方が多いようです。

通信講座を利用して短時間で習得する

MOS検定の通信講座はインターネット上で申し込むことで利用できるのですが、まずは各マイクロソフトごとに初級からのスタートです。初級といっても単なる文章作成や表計算だけでなく、セルの整理や表の挿入などもこなす必要があるのです。またこれらは企業へのエントリーシート作成の際にも必要なスキルですので、就職活動前に通信講座などで手早く身につける必要があるのです。通信講座の場合は一度学んだあとはいつでも復習できるので、まずはやり方を覚えることに専念した方が良いです。基本は操作方法とショートカットキーの使用の連続ですので、覚えた方法を繰り返し使用することで自然と覚えるのです。MOS検定は上級を取得してしまえば、その知識を入社した会社などで活かせるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加